MENU

股間の痒みを繰り返す人、亀頭あたりが頻繁に痒くなるという人へ

小さなペニスのトラブルが地味に多いという方はいませんか?

 

赤いとか、痒いとか、痛みがあるとか、異変と言うほどではなくても、自分には分かる程度の変化に人知れず悩まされてはいないでしょうか。

 

心当たりはと聞かれればいくつかあるけれど、多分性病とかではないと思う。

 

風俗にはあまり行かないし(行ったことはあるけれど)、もし性病だったら彼女にもとっくに何かの症状が表れているだろう。

 

正直ペニスの赤みや痒み程度ならよくあることで、ちょっと不潔な状態が続けば誰だって起こることじゃないの?セックスのあとで痒くなるとか、風呂に入り損ねて股間が痒いとか。

 

確かに、ちょっとしたことなら誰にでもあるでしょう。しかしあまりにも頻繁だとか、赤みが強くなってきたとか、痛みも感じるというのであれば、本格的な治療を考えても良いかもしれません。

 

本格的な治療といっても、病院に行って治しましょうとか、思いもよらぬ病気が隠れている可能性もあるからしっかり検査を受けてきましょうという話をしたい訳ではありません。

 

異常があるなら当然病院に行くのがベストな方法であることは間違いないのですが、こうしてwebページの情報を集めているのであれば、病院は最後の手段で、できれば行きたくない、もしくは行けないという方なのではないでしょうか。

 

ここでは、何かと股間が痒くなりがちな方は、まず「ファンガソープEX」というボディーソープを持っておくと安心ですよという話から始めたいのです。

 

目次

・洗いすぎが原因のカンジタ性亀頭包皮炎
・亀頭はデリケートな粘膜なんだ
・ファンガソープEXは天然成分使用で優しい
・もし本格的なカンジタ性亀頭包皮炎になってしまったら
・カンジタ性亀頭包皮炎なら自宅で治せる
・「ロテュリミンAF」1本で足りる?
・こんな人は何よりまずファンガソープEXの用意を

 

洗いすぎが原因のカンジタ性亀頭包皮炎

「確かにチンポが痒くなることはあるけど、そのたびにちゃんと洗ってるから大丈夫」だと思ってる方は要注意です。

 

成人男性に多い、カンジタ性亀頭包皮炎の悪化原因に「ペニスの洗いすぎ」があることをご存じでしょうか。

 

「うわちょっとチンポ痒いなー、昨日セックスしてそのまま寝ちゃったからかな。かぶれちゃったかな」

 

そんなとき、石鹸で亀頭をしっかり洗ってケア万全だと思ったら大間違いです。普通の石鹸は、亀頭にいる細菌は殺菌できても、セックス時に濃厚接触することの多い、カンジタ菌のような真菌にはほとんど効果がありません。

 

私たちの皮膚上には様々な菌が存在しており、互いにバランスを保ちながら暮らしていますが、細菌だけがいなくなった亀頭では、生き残ったカンジタ菌だけが支配的な環境となり、みるみる繁殖してしまいます。

 

「ファンガソープEX」は、細菌だけでなく、カンジタ菌のような真菌も殺菌できるから、万が一セックスのあとカンジタ菌が大量にペニスに付着してしまったときでも、しっかり洗浄、きれいさっぱりのペニスを維持することができます。

 

亀頭はデリケートな粘膜なんだ

成人になり忘れてしまっているかもしれませんが、亀頭は本来、触ると痛くて嫌な感じがする、とてもデリケートな粘膜部分です。

 

ここを刺激が強い石鹸で洗うことはあまりよくないなと思いませんか。鼻の穴や肛門を綺麗にしようとして石鹸を塗りこむようなものです。想像しただけで痛いですよね。

 

石鹸を使用することは皮膚上の細菌バランスを崩すことだけでなく、粘膜にダメージを負わせてしまう行為でもあるのです。

 

さらに、痒いからと言って念入りに何度に洗ったりしたら、油分まで取り除かれてしまい、より弱ってしまいます。

 

だからこそ、皮膚に優しい石鹸で、優しくケアすることが大事です。

 

ファンガソープEXは天然成分使用で優しい

ファンガソープEXの主成分は、強力な殺菌・抗菌作用を持つ天然ハーブである、ティーツリーオイルです。

 

殺菌成分は強いですが皮膚には優しく、さらにシアバターを配合することで抗炎症効果、保湿効果を加えています。

 

ファンガソープEXが抑え込むことができるのは、カンジタ症だけでなく、白癬菌が原因の水虫や、ヘルペス、湿疹やかぶれなど。

 

つまり皮膚に関するトラブルのほとんどを、ファンガソープEXを使うことで予防、改善することができるのです。

 

もし本格的なカンジタ性亀頭包皮炎になってしまったら

 

ファンガソープは殺菌・抗菌作用に優れたボディーソープですが、治療薬というわけではりません。

 

どちらかというと、亀頭包皮炎予防のため、セックス後の洗浄にファンガソープEX、革靴が蒸れてどうしようもない夏場、水虫予防のためのファンガソープEXという風に、日常的に使用していただきたいもの。

 

ちょっとしたペニスの痒みとか赤み程度の段階では、何が原因なのか分かりませんよね。

 

セックスのせいなのか、汗によるかぶれなのか、細菌がついてしまったのか。その段階でファンガソープEXは症状を悪化させない力を持っていますが、もし本格的にカンジタ性亀頭包皮炎になってしまったよということになれば、治療薬を使ってみてください。

 

病院に行かなくとも、ロテュリミンAFというカンジタ症によく効く軟膏があります。

 

カンジタ性亀頭包皮炎なら自宅で治せる

ペニスのちょっとした痒みなんていつものことだけど、あれ、これはちょっと様子がおかしいぞ?となったら、まずそれが何なのか、よく確認しましょう。

 

亀頭包皮炎の代表的な原因がカンジタ菌です。細菌性の亀頭包皮炎とカンジタ性亀頭包皮炎は、もちろん個人差はあるでしょうが多少症状が違うのでよく確認しましょう。

 

カンジタ性亀頭包皮炎は、痒み、赤み、ヒリヒリとした亀頭の痛み、そしてカリの部分に白いカスが溜まるという特徴があります。

 

細菌性の場合、痒みや赤くただれるという症状はカンジタ性の亀頭包皮炎とよく似ていますが、カンジタのように白いカスが溜まるという特徴はありません。細菌性の場合、もしくは見分けがつかない場合は病院に行く方が無難でしょう。

 

カンジタ性亀頭包皮炎だと思ったら、ロテュリミンAFです。これを患部に塗れば、一週間から二週間で症状が治まります。

 

「ロテュリミンAF」1本で足りる?

カンジタは真菌(カビ)の一種で、皮膚にしつこく根付いてしまっているため、皮膚のターンオーバーが完了する約一月程度の間使い続けることが理想です。

 

症状の重さや患部の範囲によっては一本では足りないかもしれないので、重症だと思う方は2本用意しておくと良いでしょう。

 

2本購入するとなるとちょっと高いな…でも症状の重さは微妙だなという方の場合、ロテュリミンを1本と、補助的にファンガソープEXを用意するのがおすすめです。

 

ファンガソープEXに殺菌効果があるので、こまめに洗浄すれば、継続治療にもなります。ただし、しっかり治すためにも、できるだけ長い期間ロテュリミンAFを塗ることが大切だということは頭に入れておいてください。

 

 

こんな人は何よりまずファンガソープEXの用意を

細大の理想は、治療薬なんて使わずに済むこと、些細なペニスの異変すら起らなくなること。

 

普通に綺麗にしていれば、我々のペニスは痒みや赤みを引き起こすことはありません。

 

しかし、場合によっては普通にペニスを綺麗にするということが難しいこともあります。

 

多いのが、セックスのあとそのまま寝てしまうということ。行為後すぐにシャワーにかけこむのも感じ悪いし、なにより疲れてしまうからそのまま寝たいんだという方は多いでしょう。

 

また、包茎の方は亀頭部分に汚れが溜まりやすいこと、湿気に晒されやすいことなどから、感染症の確率が高まります。

 

さらにペニスを手でいじる癖のある方、自慰行為と言わずとも癖でつい触ってしまうという方は、ペニスにばい菌がついた状態が長くなることが考えられます。

 

このような経験に自覚があり、そういえば日ごろけっこう股間が痒くなるなと思う方は、何よりまずファンガソープEXを用意するのが良いです。

 

本格的な亀頭包皮炎にならなければ、病院に行く必要も、効果な専用薬を買う必要もありませんからね。