MENU

脂漏性皮膚炎の原因と真菌

 

脂漏性皮膚炎というのはどのようなものなのでしょうか。
脂漏性皮膚炎というのは、別名は脂漏性湿疹とも呼ばれています。
頭皮や顔の部分にフケのようなものが付着しているものを伴う湿疹になります。

 

これは免疫力の低い方に症状が出ることが多いです。
乳児に発症をする乳児脂漏性湿疹と呼ばれています。
頭皮や顔に紅斑が発生して痒みが出るのが特徴になります。

 

この場合の痒みというのは比較的症状は軽いことが多いようです。
しかし、乳児の場合には激しく湿疹等が出ることが多いです。

 

その一方で高齢者の場合はまゆ毛の部分や口周辺に湿疹ができやすくなります。
乳児の場合、乳児の時期が経過すると治療できることが多いのですが、アトピー性皮膚炎に症状が進行してしまうこともあります。

 

脂漏性皮膚炎を発症するのは、皮脂が真菌で分解されて脂肪酸がお肌を刺激して皮膚炎を生じさせることが原因となっているのです。
皮膚は皮脂という脂分を分泌しているのですが、真菌がこの皮脂を分解する時に脂肪酸を発生させてそれが原因となっているのです。

 

本来はこの脂肪酸も必要なものなのですが、脂肪酸が過剰に分泌されてしまうと脂肪酸がお肌を刺激するようになってしまいますので、十分に注意しておかなければなりません。