MENU

亀頭包皮炎とかゆみ

 

 

亀頭包皮炎というのは、亀頭や包皮が炎症を起こしてしまっている状態になります。
赤く腫れたり爛れてしまうようになり、かゆみが出るようになります。

 

膿が溜まってしまったり、排尿時には強い痛みを感じるようになります。
小児や包茎の人のというのは亀頭が露出していませんので、雑菌が増殖しやすくなってしまうのです。

 

この亀頭包皮炎を予防するためにはデリケートな部分は清潔に保つということがなによりも重要になります。
亀頭包皮炎の原因ですが、亀頭や包皮を不潔な状態にしてしまっていたり、恥垢が溜まっていると細菌が繁殖してしまい、感染しやすくなってしまいます。

 

亀頭包皮炎の治療法ですが、抗菌薬の内服や塗り薬を使用することによって治療を行います。
この亀頭包皮炎は一度は治療を行ったとしても、再び入浴時などにしっかりと洗浄をしていなければ再発してしまうこともあります。
普段からしっかりと洗浄をしてから恥垢が溜まらないようにするなどしなければなりません。

 

亀頭包皮炎をしっかりと予防改善するためにはまずは亀頭部分を覆っている包皮をむくようにしましょう。
そうすることでしっかりと亀頭部分を洗浄することができますので、亀頭部分を清潔な状態に保つことができるようになりますよ。