MENU

亀頭包皮炎と症状の見極め

 

 

亀頭包皮炎というのは亀頭の皮膚が爛れてしまい炎症を起こしてしまう病気になります。
男性のペニスに発症する病気ですが、亀頭や包皮部分に最も多く炎症が見られるようになるのです。

 

亀頭包皮炎の症状というのは皮膚の異常な赤み、そして皮膚の爛れです。
かゆみを感じてしまったり、軽い痛みが出るようなこともありますので、症状の現れ方としては発症した原因や菌の種類によってそれぞれ異なるのです。

 

また、淋菌が原因となって包皮炎を発症してしまった場合にはカリ部分から包皮部分に炎症が見られるようになります。
皮膚が赤く腫れ上がってしまったり下着に膿が付着してしまうこともあります。

 

これは雑菌によって包皮炎を発症した場合にも同じような症状が出るようになります。
カンジダ菌が原因で包皮炎になった場合に関しては皮膚に赤みが出ますが、そこから包皮部分にかけて赤みが出るようになり、そこから白いカスが溜まるようになります。
そして痒みが強く出るようになります。

 

亀頭包皮炎を発症した方というのは、その後も何度も発症してしまうことがあります。
このような亀頭包皮炎を改善するためには、やはり亀頭部分を清潔な状態に維持しておくようにしなければなりませんよ。