MENU

カンジダ性亀頭包皮炎について

 

 

カンジダ性亀頭包皮炎とはどのような病気なのでしょうか?
カンジダ性亀頭包皮炎というのはカンジダ菌が亀頭と包皮の間に入り込み、増殖することによって炎症を起こしているのです。

 

亀頭包皮炎の出来る場所というのはどこなのでしょうか?
カンジダ性亀頭包皮炎は亀頭のカリ部分などに炎症が起こるようになります。
では、ペニスの亀頭や包皮に炎症を起こしてしまった場合にはどのような症状を起こすようになるのでしょうか?

 

カンジダ性亀頭包皮炎を発症している場合には、亀頭や包皮部分が赤くなったり、ただれたり、痛みを感じるようになります。
さらにかゆみを感じるようになることもあります。

 

ただし、亀頭包皮炎というのは原因となる病原菌によって症状はそれぞれ異なります。
亀頭包皮炎を治療しない場合にはどのようなことになるのでしょうか?

 

赤く腫れ上がってしまい、痛みが強くなると、患部が下着にこすれるだけでも痛みが強くなります。

 

カンジダ性亀頭包皮炎はセックスやオーラルセックスといったことによって亀頭部分や包皮に傷が入り、その傷から雑菌などが入りこみ、炎症を起こしてしまうようになるんですよ。

 

カンジダ性亀頭包皮炎というのは普段の生活の中で誰でも発症するリスクのあるものですので、しっかりと予防をすることができるようにしましょうね。